Gulliver USA » 店舗情報 » 最新/中古車情報 » アーカイブ: 2 月 2014

ニューヨーク店のブログ・最新情報

日本車は壊れない? その1

2014 年 2 月 28 日  カテゴリー: ニューヨーク店 — 店長(ニューヨーク店) @ 9:00 AM

車も機械ですから、故障することがあります。

一般的に「日本車の方が、アメリカ車やヨーロッパ車に比べて故障しにくいのではないか」という認識を持っている方が多いです。

実際に車の故障を保証修理する「性能保証会社」というものが存在するのですが、

そこでの格付けも日本車に軍配が上がっているので、その認識は間違いなさそうです。

 

しかし、日本車だから壊れないわけではありません。

日本車(または外車の中でも高級車)は、しっかり作ってあるから壊れないという認識は誤りです。

 

最近の車はコンピュータ制御になっており、多くの部位に各種センサーが埋め込まれています。

実はこのセンサーが曲者で、本来対象機能の故障を知らせるために取り付けているのですが、

このセンサー自体が故障してしまい、実際に感知する対象は故障していないのに誤感知を起こし、

チェックランプが点灯したり、安全装置が反応してエンジンが止まる(または始動しない)などということも起こり得ます。

この修理にはセンサーを交換しなければいけないという本末転倒な事態です。

また、センサーなどの電子部品は整備士でも故障の時期を読むことは困難なので、

然に防ぐことができないのが現状です。

このため、NY州では10万マイル以下の車を販売する際には保証※(30日または1千マイル~90日または4千マイル)を

つけることが義務付けられています。

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

車の性能保証(ワランティ)とは?

2014 年 2 月 26 日  カテゴリー: ニューヨーク店 — 店長(ニューヨーク店) @ 9:00 AM

一般的に新車を買うと、購入以後3年間(もしくは36000マイル以内)の故障は、

購入したメーカー側が無償で修理に応じてくれます。

これを性能保証(Warranty/ワランティ)と呼びます。

 

ここで、車を買う際には保証の付いている新車を買ったほうが安心と感じる方が多いと思いますが、

は、中古車も捨てたものではありません

中古車専用の保証会社が多数存在し、

中古車でも新車を買った際と同じように、性能保証を付帯させることが出来るのです。

 

中古車の性能保証のメリットは、保証期間や保証内容を、

自分のライフスタイルに合わせて設定出来る点です。

保証期間は3ヶ月から、最長4年までのプランがあります。

また、保証内容も、エンジンとトランスミッションなどの駆動系を中心とした保証から、

コンピューターやセンサー類などの電気系統も保証するものなど、様々な選択肢があります。

 

アメリカでの生活に車は必需品ですので、

中古でも高価な商品を新車で購入することが、必ずしも最善とは言えません。

中古車を購入することで費用を抑えながら、

安心して乗るために性能保証を購入することも、検討されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

★中古車ガリバーUSA サンノゼ(サンフランシスコ)店★2013年式 HONDA FIT HATCHBACK $15,385 !! 6,215 mi. !!

2014 年 2 月 24 日  カテゴリー: シリコンバレー・サンフランシスコ店 — 店長(サンノゼ店) @ 11:14 AM

2013年式 HONDA FIT HATCHBACK

ガリバー価格 $15,385 マイレージ 6,215 mi.



“ONE OWNER”, Traction Control, Stability Control, ABS (4-Wheel), Keyless Entry, Power Door Locks, Cruise Control, AM/FM Stereo, MP3 (Single Disc), Dual Air Bags, Side Air Bags, Head Curtain Air Bags, Daytime Running Lights. +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ MANUFACTURER’S WARRANTY STILL APPLIES; The manufacturer’s original power train warranty has not been expired on this vehicle. Consult the manufacturer’s warranty booklet for details as to warranty coverage.


ガリバーサンノゼ店では随時車が入庫、随時更新していきます。

クリック→ 入庫車をチェック ←クリック

名義変更、免許、お車に関する事、些細な事でもメールでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラ

kenji.ikegami@gulliverusa.net 担当 池上まで

OPEN 10am to 7pm ※Closed on Thursday

ご希望車種、ご予算等お決まりでしたらお気軽にお申し付け下さい。

WEBSITEへ登録前の車両や入庫予定情報含め、ご案内させていただきます。

1-888-747-3713(トールフリー)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

サンフランシスコ/サンノゼでの中古車の販売/買取はガリバー サンノゼ店へ。

ニューヨーク店のブログ・最新情報

中古車の価格はどうやって決まっているの?

  カテゴリー: ニューヨーク店 — 店長(ニューヨーク店) @ 9:00 AM

クルマを買うときには、「どんなクルマにしよう?」と、あれこれ迷ってしまうものです。

まずは、新車にしようか?中古車にしようか?

次に、車種は?装備は?色は?…などなど。

さらに、中古車にするなら、年式は?今の走行距離は?故障しないかな?保証は大丈夫?

というように、考え出したら終わらなくなってしまいます。

 

とはいえ、一番大事なのはやっぱり『予算』。

新車の価格はメーカー希望小売価格があって、

ディーラーさんと交渉して値引きしてもらえるか否かというシンプルなものです。

 

では、中古車の価格は??

同じ車種やグレードはあっても、同じ年式、同じ走行距離、同じ状態のものなんて二つとありません。

ですから相場というものも非常に曖昧で、これと言った基準が無いのです。

 

「じゃあ、中古車屋さんはどうやって価格を決めているの?」という疑問が生まれます。

 

実は中古車は「相場」ではなく、[仕入れ価格][中間コスト][販売価格]という計算式に基づき、

価格が決まっているのです。

ここで言う中間コストとは、再販するための板金費用/整備費用/陸送費用/保証費用/利益などがあります。

ですから、仮に全く同じ年式、走行距離、グレード、装備のクルマがあったとしても、

厳密には価格は異なります。

 

「安かろう悪かろう」という言葉があります。

業界に携わる身の私としては、「そんなことはない!」と言いたいところですが、

残念ながらそんなこと、あるんです。

 

さすがに中古車が新車より良い状態なんてことはありません。

中古車は中古車並みの品質です。

しかし、そこを出来る限り新車に近づけて再販するのが我々の仕事です。

個人売買では、[新車に近づけて]という工程が全く無いので、本当に「As is(現状渡し)」なんですね。

 

中古車というものは、ライフスタイルに合わせて上手く付き合っていけば、

かなりお得に乗りこなすことができるんです。

「クルマは10年10万キロ(メートル)まで」という認識は今でも多くの方がお持ちだと思いますが、

実はこれ、バブル前までの常識なんです。

10万キロメートルというと、約6万3千マイル。

アメリカでは低走行車という範囲です。

自動車業界は技術革新を繰り返してきました。

日々のメンテナンスさえしっかりしておけば、今の車は30万キロ(約19万マイル)でも走れます。

 

これを踏まえて、自分がこれから買う車で何年、何マイル乗るのか?を考えれば、

安心を高値で買う必要はなくなります。

もちろん、良いクルマに乗って満足感を得るのも一つです。

クルマ選びで迷ったら是非、一度お問い合わせください。

 

 

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

クルマを買う前に知っておきたい!簡単にわかる中古車の良し悪し

2014 年 2 月 21 日  カテゴリー: ニューヨーク店 — 店長(ニューヨーク店) @ 9:00 AM

誰しも中古車を買うときには、事故車がどうか気になると思います。 

実は事故の有無については皆様でもチェックできる簡単な方法がいくつかあるんです。

 

まず一つは、CARFAXなど『ウェブで履歴をチェックする方法』です。

個車ごとのVINVehicle Identification Number)を入力することで確認出来ます。

CARFAXは有料サービスですが、中古車屋さんでは無料で開示してくれるところもあります。

ただし、この履歴は絶対ではないので、完全に信用するのは危険です。

 

そこで、もう一つの方法としては、

実際のクルマに板金修理歴(再塗装やパネル・フレーム交換)が無いかを見る』というものがあります。

クルマのボディにキズや凹みが出来た場合は、必ず板金修理が発生します。

この修理跡を探すというわけです。

 

まず、パネルの交換を確認するには、パネルを取り付けているボルトが回されているかを見ます

通常、表からは見えないように隠されていますが、

ドアの隙間やボンネットを開けたところなどに、ボルトが見られます。

新車時では通常、ボルトは塗装を被っており、ボディと同じ色なのですが、

修理のためにそこを取り外すと塗装がはげてしまいます。

また、最近の日本車に限ってはボルトの周囲にVIN(車体番号)シールを貼っており、

これが残っていれば新車時のパネルだと判断できるのです。

 

再塗装を確認するには、マスキング跡を探すのが簡単です。

安く修理をした場合、パネル付近の部品を外さずにビニールを張って、

隠した上からスプレーをするのですが、

多くの場合、このマスキング作業時にはみ出た部分にもスプレーがかかっています。

ドアの場合はマスキング跡ではなく、ドアの淵を触って、ツルツルかザラザラか

判断することが出来ます。

もちろん、仕上げが悪くザラザラの場合が再塗装ですね。

この方法を試される場合は、一つのドアだけではなく、

四つ(トランクとボンネットを含めると六つ)の淵を触り比べると判りやすいです。

明らかに触り心地が違った場合は、再塗装を疑わなければなりません。

 

しかし、これらのパネル修理履歴は前述の履歴レポートには載っていません。

アメリカでは履歴レポートや板金修理歴は開示義務が無いので、

中にはこれらを教えてくれないところもあるからです。

 

中古車を買うときには、パッと見の綺麗さに惑わされず、

『履歴』と『板金修理跡』をしっかり確認しましょう。

詳しくは車のプロがいるガリバーに、お気軽にお問い合わせください。

 

次回は、「中古車の価格はどうやって決まっているの?」編です。

 

 

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

2007 HONDA CIVIC

2014 年 2 月 19 日  カテゴリー: トーランス店 — Torrance @ 6:52 PM

こんにちは!ガリバーロサンジェルス店 サイモンです!

2月も中旬を過ぎ、連休もあけ皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

 

本日ご紹介させて頂くお車は

2007年 HONDA  CIVIC !!!!

 

燃費や環境性を考えると やはりハイブリット!!とお考えの方におすすめ!

 

 

 

 

 

 

車内空間は余裕のある広さで、設備もアームレストやマップランプ、バニシングミラーなど 充実しております。

 

カーナビはタッチパネル式で使いやすく DVD,ブルートゥース、CDも 内臓、I-PADにも接続できます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお車の詳しい情報はこちらをご覧下さいませ↓↓↓

http://www.gulliverusa.net/details.aspx?GSID=20140205100001

 

無料試乗も行っておりますので、是非ご利用下さい!!!

 

 

 

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

クルマ屋さんに並んでいる中古車はどこから仕入れてきた?

  カテゴリー: ニューヨーク店 — 店長(ニューヨーク店) @ 9:00 AM

近年は、中古車を探すときは、雑誌など以外にもインターネットでの検索も主流になっており、

すぐに沢山の選択肢の中からお目当ての中古車を探すことが出来ます。

 

では、これらの中古車がどこからやって来るのか皆様はご存知でしょうか。

実は、この中古車の流れを把握し、ご自身の用途に合わせた車選びにおいて、

損得を分かつポイントになります。

今後中古車の購入を考えている方は是非ご参考にされてください。

 

 

クルマ屋さんに並んでいる中古車のほとんどは 

①オークションと呼ばれる業者専用の競り市から買い付けている。

②お乗換えの下取り車。

このどちらかです。

 

その中でも①のオートオークションから買い付けることが圧倒的に多く、

在庫のほとんどはこちらといっても過言ではないでしょう。

クルマ屋さんとしてはオークションを利用すれば何百、何千台というクルマの中から

競りで中古車を買い付けることが出来るので、

必要なときに、必要な台数を確保することが出来るのです。

 

ただし、前述のとおりオークションは業者専用なので仕入れだけでなく、

出品者側もほとんどがクルマ屋さんです。

クルマ屋さんとしても、人気の車、程度の良い車は出来るだけ自社の在庫に残しておきたいので、

オークションの出品車両の多くは何かしらの理由があって出品者が手放したものです。

 

もちろん、人気車種や程度の良い車両もありますが、

競り方式なので、そういった良質車両は安くは買えません。

そのような車両は大勢の人数で競るので、高値で落札されていきます。

また、オークションでの仕入れは比較的簡単ですが、

オークションへ支払う手数料や陸送業者に支払う代金などが

追加でかかりますので、費用がかさみます。

 

ちなみに、②下取り車両、も前オーナーさんが何らかの理由で乗り換えているわけなので、

全く文句のないクルマとは言えないでしょう。

 

ここで本題に戻りますが、

クルマ屋さんに並んでいる中古車がオークションを経由している限り、

人気車種や程度の良い車両は安くは販売できません。

雑誌やネットで割安のクルマを見つけたら。

それはいわく付きであったり、実物は存在せずにお客様の目を引くための偽りの広告であったり。

ということが多いので、注意が必要です。

 

とはいえ、中古車のすべてがそんな車というわけではありません。

もちろん中には良質な在庫もありますが、その良い車を選ぶことこそが、文頭に述べた損得を分かつポイントなのです。

 

そこで次回は、「クルマを買う前に知っておきたい!簡単にわかる中古車の良し悪し」です。

 

 

 

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

エンジンの暖気

2014 年 2 月 17 日  カテゴリー: ニューヨーク店 — 店長(ニューヨーク店) @ 11:00 AM

寒い日が続いておりますが、皆様はお車を始動される際、「暖気運転」をされていますか?

 

忙しい朝に時間がない。しかも寒い中にわざわざ一度、外に出て車のエンジンをかけに行くという手間がかかりますので、

暖気を全くしないという方のほうが多数派だと思います。

 

しかし、エンジンへの負荷というテーマで物事を考えるとやはり必要だと思います。

ニューヨークの冬の気候で車を始動する場合、30秒~4分ほどの暖気運転を推奨致します。

 

なぜ暖気運転が必要になるか。

暖気はエンジン内のオイルをシリンダー内にうまく潤滑させるための手段だからです。

特に極端な低温時や、しばらく乗らなかった車はエンジン内のオイルが通常時と比べ潤滑していません。

その状態で急発進などをするとエンジンへの負担が増加します。

 

エンジンは金属で構成されており、その中にオイルが満たされています。

金属も、オイルも、温度の影響を受けます。

エンジンには最もパフォーマンスを発揮できる適正な温度というものがあります。

最近の車は、エンジンが冷えていると自動的にガソリンの量を調節して暖め、パフォーマンスを高めようとしますが、

適正な温度に近いところで始動した方が、よりエンジンへの負担が少ない。

というわけで、非常に大切なことですので、これから自分を目的地に運んでくれる愛車の発進準備に、

出来れば数分だけ、時間を割いてあげてください。

 

ただやはり、非常に面倒だというお気持ちもわかります。そこで便利なのが「リモートスタート」です。

最近のクルマでは、新車時のオプション装備で搭載されているものもありますが、

もし装備が無くても後付で装備することが出来ます。汎用品なので大体のクルマに装備可能です。

ただし、リモコンキーごと社外品になります。

鍵とリモコンが別体型のクルマはリモコンを交換するだけで済みますが、

鍵とリモコンが一体型になっているクルマの場合、追加でリモコンが増えてしまいます。

 

パーツだけなら、E-bayなどで$100以下で売っていますが、

取り付けは自分でしなければいけないので、専用知識がないと難いです。

車のパーツ屋さんやカーオーディオショップなどでも取り扱いがあり、そこでは取り付けをしてくれます。

製品や車種によって異なりますが、費用は$300~500程度です。

 

※社外品ではなく、純正品をメーカーのサービス工場にてにて後付けができる場合もございます。

※車種によっては後付の装備が出来ないものもございます。詳しくは取扱店やメーカーにお問い合わせください。

 

 

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

2001 HONDA CR-V

2014 年 2 月 15 日  カテゴリー: トーランス店 — Torrance @ 12:59 PM

皆様 こんにちは!

ガリバー ロサンジェルス店のサイモンです。

 

今日から三連休に入りましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか?

(ガリバーロサンジェルス店は休まず営業しておりまーーす!)

 

さて

本日ご紹介させていただくお車は

 

2001  HONDA  CR-Vでございます。

 

 

 

 

お求めやすいお値段で

燃費もよく サイズもお大きすぎず 小さすぎずで

とても運転しやすいお車です。

 

 

 

 

 

 

HONDAならではの利便性のよさは 多彩なリアシートのアレンジや大きな荷物を積むようなときの便利さにあります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても人気の高い HONDA CR-V でした!!!

 

 

 

こちらのお車の詳しい情報は 下記のリンクをどうぞ ↓↓↓

http://www.gulliverusa.net/details.aspx?GSID=20140131100009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

Gulliver San Jose / San Francisco店の買取りサービス、ご予約につきまして

2014 年 2 月 14 日  カテゴリー: シリコンバレー・サンフランシスコ店 — 店長(サンノゼ店) @ 4:53 PM



いつもGulliver San Jose / San Francisco店の買取りサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
Gulliver San Jose / San Francisco店では、
★無料出張査定★
★無料送迎・引取り★
★空港乗り捨てOK★
★日本へのお振込みOK★
★ローン・リース中でもOK★
と他社にはないサービスに大変好評をいただいており、
3月の帰任シーズンも相まって
2月~3月末までは大変込み合っております。
無料査定、車のお引き取りもご予約優先でさせていただいております。
出張査定や車の引き取りでスタッフが店舗にいない場合も
ありますので、査定ご希望、中古車探しでご来店のお客様はあらかじめのご予約をお願い致します。

お問い合わせはコチラ
1-888-747-3713(トールフリー)

古い投稿 »