Gulliver USA » 店舗情報 » 最新/中古車情報 » 全店舗 » Blog article: 【アメリカ車情報!】ガリバーUSAのアメリカブログ

全店舗のブログ・最新情報

【アメリカ車情報!】ガリバーUSAのアメリカブログ

2016 年 5 月 29 日  カテゴリー: 全店舗 — Torrance @ 11:10 AM

【ガリバーブログ】

ガリバーは海外でも店舗展開をしております。アメリカのガリバーブログでは、車のことだけではなく海外生活、アメリカ生活など、例えば給油の仕方とかチップの払い方、ビザや永住権など一般的な情報から、最近ではシェアリングエコノミーで有名なUberなど海外生活に興味ある方にはビビッと刺激となるような時事ネタを盛り込んでいます。

【ガリバーUSA店舗】

まずは自己紹介として店舗のご案内をさせていただきます。ガリバーUSAは2016年現在で、全米4店舗展開しています。日本人の沢山住む主要エリアを広範囲にカバーしておりますので、様々な情報をお届けする事が出来ます。サンノゼ店(シリコンバレー、ベイエリア、サンタクララ、サンマテオ、フォスターシティー)トーランス店(ロサンゼルス、アーバイン、サンディエゴ)シカゴ店(アーリントンハイツ、シャンバーグ、パラタイン、バッファローグローブ)ニューヨーク店(トライステートエリア、ニュージャージー)などです。詳細は下記からご覧になれます。

クリックで店舗案内を見る

【日本からアメリカへ赴任】

おそらく、海外赴任が決ると新天地での活躍に胸が躍ると思いますが、その準備に伴う引越や車売買の手続きがとても大変だと思います。ですが、日本の引越よりもアメリカに渡米してきてからの家や車、銀行などのセットアップはもっと大変かもしれません。ここで少しでも経済的に、かつ精神的に楽に渡米の準備ができるような情報を「ガリバー専門分野の車の購入と売却に関して」という視点から提供できればと思います。

【日本で乗っている車は売った方がいいの?】

日本では現在乗っている車売却を必要とされる方はとても多いと思います。ガリバーへの相談として多いのは「今の車を気に入ってるし2〜3年間不在にするだけだから駐車場に保管しておきたいのですが、それでも一旦売った方がいいのでしょうか?」と沢山の質問を受けます。日本では車検がありますので乗らなくてもお金がかかります。海外赴任中でも赴任先によっては車検やガス検査をしたりするので費用が2重に発生するのと、帰任した頃には次の車に乗り換える時期になったりしますので売った方が良いと判断する方が多いようです。日本で売却せずに渡米した場合、日米で車を所有する事になりますので、車関連の費用など倍近くになりますが、渡米後に途中で気が変わっても日本で車を売るためには市役所での印鑑証明を取得するなど非常に準備に手間と時間がかかりますので難易度が高いでしょう。

【アメリカでの車購入の秘訣は?】

ようやくアメリカに渡米していざ車を購入する前に、一つ重要な事があります。ここが得をする人と損をする人の分岐点です。このアドバイスは是非参考にされて下さい。

それは車を購入する際に「帰国で売る事を考えること」です。車を買うのにもう売る事も考えるのは…?という方も多いでしょうが、上記でお話しさせていただいたとおり、既に日本からアメリカに渡米する際に車を売ったりしていろいろ経済的にも精神的にも負荷があったと思います。駐在でいらっしゃっている方に関してはアメリカに永住する事は基本的にありませんので、今から購入される車は数年以内には確実に売る車両です。アメリカでは日本とは「全く異なる車売却」事情があります。アメリカでは、売るときに価値が高い車と低い車があります。そして、西海岸と中西部と東海岸でも全く異なります。ひとくくりにアメリカでは判断できません。例えば日本で人気のプリウスなどのハイブリッドカーは、カリフォルニア州のトーランス市(トヨタのアメリカ本社がある町)では沢山プリウスが走っていますが、冬の厳しいシカゴやニューヨークでは、プリウスはタクシーばかりで一般車で使用している方は少なめです。中古車の売っている値段はあまり変わらないのですが売るときには差が出ます。(不人気な車ほど車の利益が大きいのです。仕入れた値段は安くとも売っている値段は高いのです)中古車買取りでアメリカで人気なのは、色はシルバーやグレーなどのメタル系だったりします。小さな車よりも大きい車の方が好まれる場合もあります。日本で人気なステーションワゴン等のタイプはアメリカでは不人気で、客に日本で人気のないセダンタイプが一番人気です。人気車種が日本と違うのに、日本の感覚で車を購入すると、売るときに安いという結果につながりやすいのは何となく理解していただけたのではないでしょうか。ポイントは、欲しい条件(予算とか車種とか)だけで車を探すのでは無く、その地域で人気の車種を購入する事です。私がまだシカゴで店長をしていた時の話ですが「日本で黒のステーションワゴンに乗っていました」というお客様には、「シルバーのSUV」等をおすすめしたりしました。お客様から「えーちょっと思っているのと違うなぁ、ホンダの黒のクロスツアーとか乗ってみたいのですけど?」と言われる事があるのですが、ガリバーでクロスツアーを仕入れる事は出来るのですが、私はそれでもCR-Vをお勧めする事が多くて、購入していただいた方は帰国の際にはとても感謝される事が多いです。(本年度5月のクロスツアーの月間販売台数は全米で72台。CR-Vは28,913台。人気が中古車の価値に影響するなら圧倒的な差ですよね。ちなみに、高額なアストンマーチンですら86台売れています)ただし、誤解していただきたく無いのですがクロスツアーは非常に良い車です。車が好きでどうしても乗りたいという方には「非常におすすめ」です。ただ今回はブログの趣旨に従って売る時の話をしています。このような車種を新車リースで買うと悲惨です。3年後の残存価値が設定されていますが、3年間きっちり乗れば良いのですが、途中解約した場合に、市場の人気が低い場合は市場価値との大きなギャップが生まれます。金額で言うと10000ドルとかになる事もあります。リースを契約すると手放すだけでお金をとられてしまうので注意が必要です。現金一括やローンなどの手段であればこれは発生しません。

【簡単に人気車種を購入する方法】

もう一つ、人気車種を簡単に手にする方法があります。ガリバーUSAで車 購入する事です。宣伝だと思われるかもしれませんが、ここがガリバーという大手の強みですが、ガリバーに展示していある車両に関しては、「ほとんどが買取りで仕入れた車」です。「ほとんどってどのくらい?」という方もいらっしゃいますが95%くらいです。(多少時期や店舗で異なります。)人気車種はガリバーで展示して、不人気な車種はオークションで他の中古車屋さんへと売却します。つまり、オークションで車を仕入れている大手中古車販売店などよりも人気車種の割合が多いのです。ガリバーの展示車両の構成比としては、ガリバーでは日本人オーナー様からの買取りが多いため大部分が日本車ですが、中古車のすべてが日本車という訳ではありません。また、日本車以外で新型モデルなどの新しい車はなかなか中古車で仕入れられないのですが、弊社ネットワークから1000台規模で程度の良い欧州車やアメ車にアクセスできますので、きっと欲しい車が見つかると思います。アメリカなのに日本語でアメリカ車やヨーロッパ車が購入できるのはガリバーくらいかもしれませんね。

ちなみに、ガリバーで買取りした車両は2015年度実績で1200台買取りの600台販売です。ガリバーは中古車専門店です。買取専門店より高く買える理由がここにあります。残りの600台は人気が無かったり、品質が保証できない車だったりでオークションへ売却しています。

【現金一括、ローン、リース?】

今度は車の購入の仕方を検討しましょう。車を買うにはお金が沢山必要です。アメリカにおいて外国人である私たちは車のローンを組みたくても、信用が無いので現金で購入するケースがほとんどでした。通常、アメリカで車を購入する場合、現地のアメリカ人は現金一括(ローン)か、車のリースにするかを比較しながら決めますが、アメリカ人ですらもサブプライムと呼ばれる層のお客様や、初めて車を購入するような学生はローンの金利が高すぎて購入できない場合が多く見受けられます。ですが、ガリバーでは新規赴任者向けの低金利ローンを斡旋していますので是非ご利用下さい。これは米系大手金融会社との提携により実現したのですが、日本での信用をベースにローンを組むという画期的なサービスで2015年から開始しました。(もちろんクレジットヒストリーも溜まります!!)アメリカ中古車事情は、アメリカは中古車が高いので、日本の様に10万円とか20万円で車は買えません。日本の方は「お金は借りたく無いなぁ」という方も多いでしょうが、それは日本独自の考え方かもしれません。アメリカでは車は価値が下がりにくいので一つの資産のような認識ですので、5年などの長期のローンを組んで、クレジットヒストリーで信用を上げながら(次回購入する際の金利が下がる)、また次の車を購入するという方が多いです。お金があってもむしろローンを組むというのがアメリカでしょうね。

【有事の際】

買ったばかりの車をすぐに売るという方も実際にいらっしゃいます。アメリカに赴任しても、会社が大きく方針変えたり、家族の事情などで渡米後すぐにとんぼ返りという方は実は多いと感じます。やはり海外赴任と日本国内の異動とはちょっと事情が違います。万が一のケースに備えて車購入の手段を考えると、リースなどは契約年数の問題で大きく損をしてしまいますので注意が必要です。昔アメリカに住んでた事があってリースで2台車を借りたけれども、すぐに帰任になって…という方はかなり経済的な負担を強いられてしまいました。。。

【車を売る!!】

ガリバーでは6月に買取り強化月間を行います。なぜかと言いますと、4月5月で沢山車が販売されたのと、また7月8月9月に車が沢山売れる予定なのでこのタイミングで大量に買取り致します!!ご興味のある方は是非下記よりお問い合わせ下さい。

売りたいという方はこちらへ

【車を買う!!】

車を購入したいという方は是非ガリバーの在庫をごらんになって下さい。店舗ごとに検索をしていただくか、金額帯で検索していただく方が多いです。ガリバーUSAの在庫一覧へ