Gulliver USA » 店舗情報 » 最新/中古車情報 » ニューヨーク店 » Blog article: ガリバーNY店 『アメリカで大型車が好まれる理由』 

ニューヨーク店のブログ・最新情報

ガリバーNY店 『アメリカで大型車が好まれる理由』 

2015 年 7 月 31 日  カテゴリー: ニューヨーク店 — 店長(ニューヨーク店) @ 6:23 AM

 日本からアメリカに来て驚くのは、

 

大型車が沢山走っていることです。ピックアップトラックやSUVといった大型車種は日本では少ない傾向にあり、
軽自動車やコンパクトカーなど、小さなものが求められる傾向にあります。

この違いの理由はさまざまな要因が考えられます。
道の広さやガソリンの値段も関係あるでしょう。
その他に、クルマを所有する上でかかる税金にも大きく関係しているといえます。
日本とアメリカの自動車税の違いは、なんと14倍といわれています。

日本では排気量に応じて自動車税、車両の価値に応じて自動車取得税がかかります。
日本では高い税金がかかるため、税金の負担が少ない低排気量で低価格な車両が好まれます。

一方、アメリカでは州によって課税の方式は異なりますが、例えば、NY州では排気量や車両の価格は関係なく、
乗用車の場合では、エンジンのシリンダー数(4気筒以下、5気筒以上など)と車両重量によって、
更新料は2年に1回で$150~250前後です。また、ご近所のNJ州では1年に1回の更新で、$100前後です。
どのクルマに乗っても税金がほとんど変わらないのなら、大きくて用途の広いクルマに乗ったほうが便がよいので、
大きなクルマが人気となります。

とはいえ、近年ではアメリカでも、ガソリン価格の高騰により高燃費のハイブリッドカーや、
燃費の良いコンパクトカーを選択することも多くなっています。