Gulliver USA » 店舗情報 » 最新/中古車情報 » '全店舗'

全店舗のブログ・最新情報

テキサス州 ダラス近郊 にて MAZDA CX-3 を納車させていただきました


テキサス州のみなさま、こんにちは。

ガリバーUSA テキサス州およびガリバー店舗のない遠方エリアサービス担当の大塚洋一(通称オスカー)です。

この度は、新規でご駐在になるお客様へ、なんと走行距離 6,000 mile 未満の新古車を納車させていただきました。

この度はダラスエリアでしたが、ヒューストンエリアももちろん、オースティンやサンアントニオにも納車させていただきます。

もちろん、ご帰国の際のお車買取も行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

私、大塚直通 電話番号 (914) 320-8039

直通 Email ; oscaro@gulliverusa.net

 

その他の州へもサービス展開をしておりますので、米国への異動/移住が決まったら、まずはお問い合わせくださいませ。

事前に打ち合わせさせていただき、到着日に納車させていただくことも可能です!!

9年ぶりにガリバーUSAをご利用いただきました。       ニューハンプシャー州へ 日産 ROGUE を納車


この度は、非常に嬉しいご依頼を頂きました。

こちらのお客様はニューハンプシャー州にこの度新規でお住まいになられます。写真向かって左がご子息様でこの度のオーナー様です。右はお父様で、実は2009年までご家族でニューヨークに駐在でお住まいでした。

なんと、その時に乗られていたMAZDA MPV を私、大塚が買取させていただいており、お客様もそのことを覚えていただいており、今回のお問い合わせの際には「大塚さんってまだいらっしゃいますか?」とご指名いただき、大変感動させていただきました。

9年前当時、ご子息様は高校生。9年ぶりのガリバー USAのご利用は親子二世代に渡ってのご利用に携わらせていただいたことは営業冥利につきる思いです。

 

ニューハンプシャー州にもガリバー店舗はございませんが、販売納車名義変更サービスをしております。

 

【新入荷!北米人気SUVを使ってみた】2015 SUBARU OUTBACK!!

2018 年 8 月 2 日  カテゴリー: ニューヨーク店,全店舗 — 店長(ニューヨーク店) @ 5:27 PM

いつも当店のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

ガリバー ニューヨーク店です。

7月がおわり、8月がやってまいりました。

9月からはお子様の学校も始まりますから、このタイミングでご家族が渡米される方も多いのではないでしょうか。

ニューヨークはもちろん、コネチカットやニュージャージなどの店舗から遠方にお住まいを予定されている方でも遠方送迎、遠方納車ができますのでお気軽にお問い合わせくださいね。お問い合わせはこちらから

 

さて、

今回ご紹介いたしますのは【2015年式 SUBARU OUTBACK Limited】です。

つい先日入荷したオススメの一台でございます。在庫情報

 

こちらのお車は日本でもお馴染みの車種なのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

レガシィというお車のクロスオーバーSUVタイプがこのOUTBACKになります。

ハリアーともよく比較されるお車ではございますが、ハリアーよりもスポーティーなデザインでSUBARU車特有の力強い走りをしてくれます。特に北米仕様として雪道や坂道、舗装されていない道に適した走行モードを備えていたりと、アメリカでは非常に重宝されている車種なのでよく売れてしまいます。

この度入荷いたしましたこちらの2015年式OUTBACK はSUBARU社の安全装備であるアイサイトとオフロードのような道路に適した走行モードを兼ね備えている一台なので、ご紹介いたします。

 

まずはこちらの写真をご覧ください。

 

ルームミラーの奥と手前にカメラが見えるのはお分かりになりますでしょうか。

こちらがSUBARU社が開発したアイサイトという安全装備です。

詳しくはこちらもご覧ください。

 

このアイサイトは奥と手前のカメラで前の車を走行中に認識してくれます。そしてこちらのハンドルと運転席側のボタンを見ていただきたいのですが,

右側のスイッチに車線のようなボタンがあるのがわかりますでしょうか。

こちらはクルーズコントロールと言いまして、アクセルを踏まずとも、設定した速度で走行してくれる機能です。この装備とアイサイトが組み合わさることで、前の車を認識し、前の車が速度を落としたら察知し、速度を自動で落としてくれたり(レーダークルーズ)、ぶつかりそうになると自動ブレーキをかけてくれたり(プリクラッシュセーフティ)、車線から出てしまったらハンドルを調整してくれたり(レーンキープ)といった機能を実現しました。運転席側のボタンで安全装備のOn,Offができます。

 

トヨタのトヨタセーフティセンス、日産のプロパイロット、ホンダのホンダセンシングと名称やその機能を実現している装備は違いますが、いまやこれらの安全装備は日本ではすでに当たり前のように付いてる事が多いです。

ただこういった装備はアメリカの方が重宝するように思えます。高速道路での走行距離は日本の比ではないですし、長距離の運転はドライバーへの負担もかなり大きいものです。また追突など事故が多いのでこういった安全装備が付いていれば未然に防ぐ事ができますね。

そしてこちらのOUTBACKには雪などの悪路でも安心なX-MODEという機ございます。

 

 

かつては、AWDの悪路走破性を高めるに「デフロック」「直結モード」など機械的に4輪への駆動力伝達をロックしてしまうモードが当たり前でしたが、X-MODEはスリップしたタイヤに素早くブレーキをかけてトラクションを確保するため、姿勢の乱れを効果的に抑えてくれます。

簡単に言いますと、タイヤが空転してしまいそうなシチュエーション(雪、泥、悪路)でも自力で脱出できます。

また下り坂などで車速が急に上がってしまうような場面ではヒルディセントコントロールが作動します。

ブレーキ操作をきにせずに車速を一定にコントロールしてくれるので、ステアリング操作できることがドライバーにとってのメリットになります。

 

このような機能が付いているので例えば冬でもウインタースポーツをされるご家庭にはすごくオススメです。

雪山まで距離もあるでしょうし、楽しんだ後の帰りはお疲れでしょう。

アイサイトがあればすごく楽に運転できます。AWDに加えX-MODEの機能もありますので雪道でも安心ですね。

荷物室も広いのでウインタースポーツするなら絶対にこの一台です!

 

まだ入りたての在庫ですので店舗にございます。在庫情報はこちらから

気になる方は一度ご覧にいらしてください!お待ちしております!

TAKU

*************************************

ガリバーはすべて日本語対応でアメリカでの不安なカーライフを
全力サポートいたします!


お客様のご来店スタッフ一同心からお待ちしております。
※州外問わずご対応できますのでその都度ご相談下さいませ。NY,NJ,CT以外の他州ご納車も月に1台、2台させていただいております。 州外でお住いの方からのご相談お待ちしております。

●新規赴任者用の”低金利ローン”

●全米どこでも使える”安心性能保証”

●日本対応可能な”格安保険”

ご購入後の整備・修理なんでも日本語で対応させていただきます。

【ご予約】車の査定・試乗・購入全てご予約優先でさせていただいております。ご予約無くご来店いただいた場合、ご対応出来ない場合がございます。日程がお決まりになりましたら、事前のご予約をお願い申し上げます。

お問い合わせはこちらをクリック GulliverNY店の在庫検索はこちらをクリック

住所  2423 Central Park Ave, Yonkers, NY 10710

営業時間  月曜日 – 日曜日 : 10am to 7pm(夏時間)

月曜日 – 日曜日 : 9am to 6pm (冬時間)

休店日 なし

※都合により臨時休業となる場合がございます。

アメリカ日系企業の新車リースが減る?

2018 年 7 月 19 日  カテゴリー: 全店舗 — Torrance @ 3:17 PM

国際会計基準(IFRS)では2019年より全てのリースが資産とみなされるようになるとのことだが。 

米国では多くの日系企業で社用車をリースしているのだが、2019年より国際会計基準では全てのリースが資産として見なされるようになる。これにより今後はカンパニーカーのルールの変更が必要になりそうだ。

今まではリース車両は経費として落とせた。

今までのリースのメリットは経費として処理できるので経理処理が簡単という点だ。経理担当者ならわかるだろうが、わざわざ資産にして減価償却を管理するのは面倒な作業だ。

駐在員のグロスアップも必要なかった。

海外からの駐在員を抱えている企業の独特な悩みだが、アメリカで車の手当を与えようとすると経費ではなく、給与として見なされるため課税の対象となる。そのため人事部は駐在員の給与手取り額に影響しないようにとグロスアップ計算をしなければならないのだが計算が面倒なだけでなく、グロスアップするとコストは膨れ上がる。駐在員のコストが高い理由の一つがこれだ。そんな中で、リースが経費として認められるのは一種の抜け道になっていた。

リースの減価償却が始まると経理は複雑になる。

今後はリースも資産として見なされ減価償却の対象となり、その計算方法も元本と利息を分けて計算するため複雑化するのは間違いない。

最大のメリットが無くなった?

リースのメリットは大きく減ったが、それでもリースのメリットは契約時の頭金が少なくて済むということ。これは企業にとっても個人にとってもイニシャルで潤沢な資金を用意できないという場合は大きなメリットであるが、総額という面では結局は割高となり、その場しのぎとも捉えることができる。

個人的な対策案として。

IRSの定める車の減価償却期間は5年。新車をリース相当期間の3年で乗り換えるのは勿体無い。なぜなら、新車から3年の価値の下落幅が大きく半分ほどになる場合もある。新車で購入した場合はせっかく自由度があるのだから、5年ほど使用するのが購入金額と売却金額との差額を考えると経済的なメリットは大きいだろう。

さらに、駐在員のグロスアップを考えると、1〜3年ほど経過している中古車の購入を視野に入れることをオススメする。中古車はそもそも新車よりも価格は安い。手当をグロスアップする場合、累進課税であるためグロスアップに対してさらに課税される現象が起きる。車体価格が安いほうがグロスアップで課税される金額も減るはずだ。

但し書き

上記はあくまでも一般的な経済情報と個人の経験及び所感を持って作成させていただいた。参考としていただきつつも、正確な情報はCPAへとご確認いただくことを強くお勧めする。

 

ガリバーUSAの店舗ブログ

 

③クルマの維持・乗り換え・買取りの現実

2018 年 2 月 21 日  カテゴリー: ニューヨーク店,全店舗 — 店長(ニューヨーク店) @ 12:46 PM

つい先日修理したばかりだから相場より高く(修理費分の何%かを上乗せして)下取ってもらえるのではないか?というのは幻想です。
(かと言って、修理する必要がある車両はその分、値が落ちるので直さないで良いというわけではありません。)
直してあるといっても直し方によっても再発するかもしれないので、買う側からしてみれば故障発生の確率を正確に判断することはできず、
安心が保証されていません。ギャンブルに変わりないのです。(多少、負けるリスクが低くなっていますが、負けるリスクが0%でない限りギャンブルです。)
また、クルマという商品は壊れていない状態が当たり前なので、直した直後でも通常の相場を超えることはありません。
誰かが不要と思ったものを買う方は何も好きこのんでそういったクルマを買うわけではなく、予算が低いからその選択肢しかないというだけですので、
購入値段やこれからの出費の恐れについてはシビアに考えます。(高く買いません。)
確かに、ディーラーは販売店はその状態がある程度までわかりますが、先日のメールのように全てが絶対大丈夫とは言い切れません。
その状況でそれを専門知識のない一般ユーザー(購入者)に伝えることは至難の技で、安く売る他ありません。
すなわち、高額で下取り・買取りすることは不可能なのです。
買い換えるにしても、乗り続けるにしても故障修理の費用が保障されるというのは大きなアドバンテージとなります。

※州外問わずご対応できますのでその都度ご相談下さいませ。NY,NJ,CT以外の他州ご納車も月に1台、2台させていただいておりますので州外でお住いの方も気軽にご相談くださいませ。

新規赴任者用の”低金利ローン”

全米どこでも使える”安心性能保証”

日本対応可能な”格安保険”

ご購入後の整備・修理なんでも日本語で対応させていただきます。

【ご予約】車の査定・試乗・購入全てご予約優先でさせていただいております。ご予約無くご来店いただいた場合、ご対応出来ない場合がございます。日程がお決まりになりましたら、事前のご予約をお願い申し上げます。

お問い合わせはこちらをクリック

 住所  2423 Central Park Ave, Yonkers, NY 10710

 営業時間  月曜日 – 日曜日 : 10am to 7pm(夏時間)

月曜日 – 日曜日 : 9am to 6pm (冬時間)

※都合により臨時休業となる場合がございます

②保証(Warranty)の必要性

2018 年 2 月 16 日  カテゴリー: ニューヨーク店,全店舗 — 店長(ニューヨーク店) @ 3:41 PM

前述の耐久消耗品は直せばその後も長く乗れるので、修理代の自己負担が発生しないのであれば乗り換える必要も無いのですが、
保証に入っていないと修理費が丸ごと自腹なので、10万マイルから先はギャンブルです。
保証に入っていれば、修理代が100%とは言えないまでも、大半が賄われるので乗り続けることができます。
ちなみに、修理代は高額といっても、新しくクルマを買うほどではありません。
しかし、大きな出費があるならば、それに上乗せして乗り換える。というのがお財布に多少の余裕のある方々の選択です。
そこで多くの方が勘違いをされているのは、壊れるまで乗って壊れたら買い換えればいいや。と、ノーリスクのギャンブルのように思われているのですが、
壊れる前(または修理後)なら、下取り値がつく(購入代金の一部に充てることができる)のに、壊れてからでは当然下取り値がつかないばかりか、処分に困る。
というリスクをお忘れであるということです。

※州外問わずご対応できますのでその都度ご相談下さいませ。NY,NJ,CT以外の他州ご納車も月に1台、2台させていただいておりますので州外でお住いの方も気軽にご相談くださいませ。

新規赴任者用の”低金利ローン”

全米どこでも使える”安心性能保証”

日本対応可能な”格安保険”

ご購入後の整備・修理なんでも日本語で対応させていただきます。

【ご予約】車の査定・試乗・購入全てご予約優先でさせていただいております。ご予約無くご来店いただいた場合、ご対応出来ない場合がございます。日程がお決まりになりましたら、事前のご予約をお願い申し上げます。

お問い合わせはこちらをクリック

 住所  2423 Central Park Ave, Yonkers, NY 10710

 営業時間  月曜日 – 日曜日 : 10am to 7pm(夏時間)

月曜日 – 日曜日 : 9am to 6pm (冬時間)

※都合により臨時休業となる場合がございます

①保険(Insurance)と保証(Warranty)の違いについて

2018 年 2 月 14 日  カテゴリー: ニューヨーク店,全店舗 — 店長(ニューヨーク店) @ 7:07 AM

保険と保証は混同しやすいのでちょっと整理してみましょう。
保険と保証は全く別物で、保険は事故に起因する故障保証は通常使用下で発生した故障に適用されます。
従って保険のCollisionに入っていても自然故障はすべて保障されません。
10万マイル前後に発生するありがちな修理項目などについて
タイヤ裏側の可動部(人間で例えると手首)を総じてボールジョイント(通称:ナックル)と呼ばれ、左右についています。
右が悪くなったのであれば、当然、ほぼ同じように消耗するはずの左も間も無く悪くなる可能性が高いです。
その他、左右上下で4箇所についているコントロールアーム(タイヤの向きを変える役割を担うアーム)も寿命です。
また、10万マイルでは トランスミッション、エンジンヘッドガスケット、ラック&ピニオン などに代表される修理代の高額な部位ほぼ全てが故障の可能性を孕みます。
その値段は、エアコンの修理代 約$1,000が可愛く見えるほどです。

※州外問わずご対応できますのでその都度ご相談下さいませ。NY,NJ,CT以外の他州ご納車も月に1台、2台させていただいておりますので州外でお住いの方も気軽にご相談くださいませ。

新規赴任者用の”低金利ローン”

全米どこでも使える”安心性能保証”

日本対応可能な”格安保険”

ご購入後の整備・修理なんでも日本語で対応させていただきます。

【ご予約】車の査定・試乗・購入全てご予約優先でさせていただいております。ご予約無くご来店いただいた場合、ご対応出来ない場合がございます。日程がお決まりになりましたら、事前のご予約をお願い申し上げます。

お問い合わせはこちらをクリック

 住所  2423 Central Park Ave, Yonkers, NY 10710

 営業時間  月曜日 – 日曜日 : 10am to 7pm(夏時間)

月曜日 – 日曜日 : 9am to 6pm (冬時間)

※都合により臨時休業となる場合がございます

クルマ整備の前提知識

2017 年 12 月 20 日  カテゴリー: ニューヨーク店,全店舗 — 店長(ニューヨーク店) @ 3:30 PM

クルマを所有すると「整備」は切り離せないものです。
今回は整備に出すにあたって知っておきたい知識をご案内いたします。
ディーラー系整備工場はどこでもだいたい一般的に必要とされる内容以上の整備を提案されます。
理由は以下の二つです。
 1、整備収益に営業のように月の予算が明確に決められていて、給料もそれによって変わるため
 2、万が一にも提案していない部分が原因で故障してしまった場合、(法的・業界常識的に全く問題なくとも)
    ユーザーの思い込みなどでブランドに傷を付けないため。
  (提案してユーザーが拒絶した場合は工場側は過失に問われなくて済むので、言ったもん勝ち状態。)
一般的に町工場では上記 1、2 が無いため、ユーザーと話しながらユーザーの希望する箇所を希望する程度に整備するようにしています。
しかしながら、点検・整備項目がステップバイステップできっちりマニュアル化されていないケースもあり、
過日のタイヤボルトの閉め忘れによる脱輪などが起きるなどの事故もディーラー系整備工場より発生確率が高いです。
また、ディーラー系整備工場は自社の純正部品(もちろん新品)しか使用しないことと、時間工賃が割高なため、
場合によってユーザーと相談の上、OEMパーツや検査済み・保証付きパーツを使用し、時間工賃も割安な町工場の方が全体的に整備コストは安くなります。
これは、日本車であれ、アメ車であれ、ドイツ車であれ、同じです。
一般ユーザーさんはディーラー系工場は設計図も持ってるし、経験もノウハウもしっかりしているだろうから、すべて正しいだろうと錯覚しがちですが、
いくらクルマを制作した側でも、使用状況不明な精密機械の状態をすべて把握することは不可能です。
お医者さんで「風邪だと思います。 一応このお薬を出しておきますので、少し様子を見ていただき、念のため、一週間後に再診しましょう。」
と言われた記憶はありませんか?
おそらく、どなたも言われたことのあるフレーズだと思いますが、この短い一文にお医者様ですら確信を持てず、断定できていない不安フレーズが4つも入っています。
しかし、これでお医者さんを責めてはいけません。診察というのは一発で病の原因を特定することは難しく、
「◯◯かもしれない。」という、複数の選択肢の中から、消去法で診断していきます。
病院関係者の間では、健康診断で癌を見落とすことは 0.?? パーセントの確率で発生するもの(100%防ぐことはできない)というのが常識です。
よくお客様から「命を乗せるクルマだから安心したい。」とのお声をいただきますが「命そのものに直結する病院での診察でさえ安心できない」のです。
話を戻すと、じつはクルマの整備も消去法診断です。ディーラー系工場でも町工場でもこの点は同じです。
新車で買っても、ディーラー系工場で整備しても、100%はありえません。数パーセントだけ想定外が発生する確率が違うということです。まさに「万が一」。
本来、整備士さんがしっかりしていれば、ディーラー系工場のようにマニュアルで縛って管理しなくても、
(町工場でも)安心してサービスを受けられるべきなのですが、そこは想定外が発生する確率の問題ですので、最終的にはユーザーさんのご判断になります。
やっぱり安心できるディーラー系整備工場で、そうは言ってもできるだけ安価に抑えたい。という場合には、
整備マネージャー(整備提案担当者)と対等に相談できるだけの知識をお持ちであることが前提です。
先方も、一件一件にそう長く時間を掛けてはいられないというのが本音なので、知識の不足しているユーザーさんや、
あとあとクレームを言ってきそうな雰囲気を察した場合、詳しく説明して相談・納得の上で整備項目や方法を決めてくれることはありません。
ガリバーでは、なるべくお近くで比較的安心度の高い工場をご紹介致しております。
ちなみに、保険と保証は別物で、保険は事故に起因する故障、保証は通常使用下で発生した故障に適用されます。
従って保険のCollisionに入っていても自然故障はすべて保障されません。
メーカー保証の有効期限が過ぎた頃に発生するありがちな修理項目などについて、
>サスペンションやコントロールアーム、ナックルなどの足回りは悪くなるものの代表格です。修理には一箇所につき$500〜$1,000ほどです。
片側が悪くなったのであれば当然のことながら、ほぼ同じように消耗するはずの反対側もまもなく悪くなる可能性が高いです。
また、10万マイルでは トランスミッション、エンジンヘッドガスケット、ラック&ピニオン などに代表される修理代の高額な部位ほぼ全てが故障の可能性を孕みます。
その値段は、足回りの$1,000が可愛く見えるほどです。
ここでお奨めなのが性能保証です。ガリバーではお持ちのお車に故障が起きた際の修理代が補填される保証を販売しています。
(故障発生前にご加入している必要があります。詳細はお近くの店舗へお問い合わせください。)
ちなみに、修理代は高額といっても、新しくクルマを買うほどではありません。
しかし、大きな出費があるならば、それに上乗せして乗り換える。というのがお財布に多少の余裕のある方々の選択です。
上記のような故障は部品を丸ごと交換する修理ですので、直せばその後も長く乗れます。
保証が提供されて修理代がかからないのであれば乗り換えを考える必要も無いのですが、
保証に入っていないと修理費が丸ごと自腹なので、10万マイルから先はギャンブルです。
保証に入っていれば、修理代が100%とは言えないまでも、大半が賄われるので乗り続けることができます。
ここで多くの方が勘違いをされているのは、壊れるまで乗って壊れたら買い換えればいいや。と、ノーリスクのギャンブルのように思われているのですが、
壊れる前(または修理後)なら、下取り値がつく(購入代金の一部に充てることができる)のに、壊れてからでは当然下取り値がつかないばかりか、処分に困る。
というリスクをお忘れであるということです。
また、修理したから高く(修理費分の何%かを上乗せして)下取ってもらえるというのも幻想です。
直してあるといっても直し方によっても再発するかもしれないので、買う側からしてみれば故障発生の確率を正確に判断することはできず、
安心が保証されていません。ギャンブルに変わりないのです。(多少、負けるリスクが低くなっていますが、負けるリスクが0%でない限りギャンブルです。)
クルマという商品は壊れていない状態が当たり前なので、直した直後でも通常の相場を超えることはありません。
誰かが不要と思ったものを買う方は何も好きこのんでそういったクルマを買うわけではなく、予算が低いからその選択肢しかないというだけですので、
購入値段やこれからの出費の恐れについてはシビアに考えます。(高く買いません。)
確かに、ディーラーは販売店はその状態がある程度までわかりますが、先日のメールのように全てが絶対大丈夫とは言い切れません。
その状況でそれを専門知識のない一般ユーザー(購入者)に伝えることは至難の技で、安く売る他ありません。
すなわち、高額で下取り・買取りすることは不可能なのです。
買い換えるにしても、乗り続けるにしても故障修理の費用が保障されるというのは大きなアドバンテージとなります。

2016 TOYOTA RAV4 $20,599が入荷致しました!!!

2017 年 11 月 8 日  カテゴリー: 全店舗 — 店長(シカゴ店) @ 2:40 PM

皆さま、11月も中旬に差し掛かりますがいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は大人気のTOYOTAのRAV4 LE AWDが

入荷致しましたのでご紹介致します!

 

デザインもシンプルにまとまり、ラグジュアリーな

クロスオーバーSUVが苦手な人にはオススメです。

肝心な動力性能は、試乗した感想ですと、

現行モデルの2.4Lエンジンはトルクフルで乗りやすく、

キビキビ走ってくれる印象です。

 

また雪道も安心して運転して頂けるAWD仕様ですので、

運転が苦手な方にもオススメでございます!!!

 

 

Gulliver Chicago店では新古車も多数取り揃えておりますので、

ぜひ色んな車種を乗り比べてください!乗ってみて分かる事がきっとあるはずです!!!

 

 

ぜひたくさんのお車を試乗して頂き、お気に入りの1台を見つけてください!!!

 

☆★☆皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております☆★☆

お客様の声20

2017 年 8 月 28 日  カテゴリー: 全店舗 — Torrance @ 3:40 PM

ガリバーUSAへ車の購入、売却にてご来店、及び出張査定数を依頼されたお客様 からたくさんアンケートを頂いております。今回は数あるアンケートの中から、紹介できるアンケートが一部となってしまいましたが、ガリバーUSA本部では、会社の宣伝広告と捉えられかねない良いものばかりを掲載せず、できるだけ利用者様のお気持ちが強いものを本部で選んで掲載させていただいております。もちろん、いただいたアンケートは差別なく全てありがたく確認させていただいております。

ガリバーUSA トーランス店

K.S様

子供をつれて来店しましたが、子供達も「また行きたい!」と言う程楽しんでいました。その間、私の車をじっくり選ぶことが出来ました。色々な事をていねいに教えて下さり、様々な提案を頂けたお陰でとても満足のできる事と出会えました。ごていねいな対応に感謝します。ありがとうございました。

 

ガリバーUSA サンノゼ サンフランシスコ店

M様

早めに車を入手したいと思っていたので、大変スムーズなお手続きをしていただき大変助かりました。車のご説明を詳細にしていたあき、試乗させいただおかげで、納得して購入できました。

 

ガリバーUSA シカゴ店

Y様

在庫がもう少し多いと、更に良いと思います。しっかり整備されてるので、値段は高いとは感じませんでした。

 

ガリバーUSA ニューヨーク店 

M.H様

メールでの問い合わせから、その後の連絡までスムーズに対応して頂きありがとうございました。来店までの待ち合わせ、その後の説明など、テキパキとして頂き、短い滞在時間で、車を購入させて頂くことができました。言葉の壁よりも、ニーズが日本人どうしであり、よく伝わったことが一番よかったです。

 

----------ーーーーーー

▶︎ ガリバーUSAの中古車リスト

 

▶︎ 車の無料見積もり依頼はこちら

 

▼ 過去のお客様の声リスト

 

ガリバーUSA お客様の声1

 

ガリバーUSA お客様の声2

 

ガリバーUSA お客様の声3

 

ガリバーUSA お客様の声4

 

ガリバーUSA お客様の声5

 

ガリバーUSA お客様の声6

 

ガリバーUSA お客様の声7

 

ガリバーUSA お客様の声8

 

ガリバーUSA お客様の声9

 

ガリバーUSA お客様の声10

 

ガリバーUSA お客様の声11

 

ガリバーUSA お客様の声12

 

ガリバーUSA お客様の声13

 

ガリバーUSA お客様の声14

 

ガリバーUSA お客様の声15

 

ガリバーUSA お客様の声16

 

ガリバーUSA お客様の声17

 

ガリバーUSA お客様の声18

 

ガリバーUSA お客様の声19

 

ガリバーUSA お客様の声20


古い投稿 »