Gulliver USA » 店舗情報 » 最新/中古車情報 » 'テキサス出張エリア'

テキサス出張エリアのブログ・最新情報

テキサス州 ダラス近郊 にて MAZDA CX-3 を納車させていただきました


テキサス州のみなさま、こんにちは。

ガリバーUSA テキサス州およびガリバー店舗のない遠方エリアサービス担当の大塚洋一(通称オスカー)です。

この度は、新規でご駐在になるお客様へ、なんと走行距離 6,000 mile 未満の新古車を納車させていただきました。

この度はダラスエリアでしたが、ヒューストンエリアももちろん、オースティンやサンアントニオにも納車させていただきます。

もちろん、ご帰国の際のお車買取も行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

私、大塚直通 電話番号 (914) 320-8039

直通 Email ; oscaro@gulliverusa.net

 

その他の州へもサービス展開をしておりますので、米国への異動/移住が決まったら、まずはお問い合わせくださいませ。

事前に打ち合わせさせていただき、到着日に納車させていただくことも可能です!!

9年ぶりにガリバーUSAをご利用いただきました。       ニューハンプシャー州へ 日産 ROGUE を納車


この度は、非常に嬉しいご依頼を頂きました。

こちらのお客様はニューハンプシャー州にこの度新規でお住まいになられます。写真向かって左がご子息様でこの度のオーナー様です。右はお父様で、実は2009年までご家族でニューヨークに駐在でお住まいでした。

なんと、その時に乗られていたMAZDA MPV を私、大塚が買取させていただいており、お客様もそのことを覚えていただいており、今回のお問い合わせの際には「大塚さんってまだいらっしゃいますか?」とご指名いただき、大変感動させていただきました。

9年前当時、ご子息様は高校生。9年ぶりのガリバー USAのご利用は親子二世代に渡ってのご利用に携わらせていただいたことは営業冥利につきる思いです。

 

ニューハンプシャー州にもガリバー店舗はございませんが、販売納車名義変更サービスをしております。

 

テキサスへ 新型 Lexus NX を納車

2018 年 8 月 14 日  カテゴリー: テキサス出張エリア,ミシガン出張エリア — 店長(ニューヨーク店) @ 11:00 AM

テキサスにはガリバーのお店はございませんが、2018年5月からテキサス全域へ出張ベースで車の買取と販売とをさせていただいております。5月から告知をスタートさせていただき8月現在は、だんだんと利用していただくお客様も増えてまいりましたので活動をブログにてご紹介をさせていただきたいと思います。ガリバーではテキサス全域(ダラス・ヒューストン・オースティン・エルパソ)及び、ミシガン(ノバイ・アナーバー)エリアへの出張での車の販売と買取を強化しております。今回のテキサス出張はニューヨーク店の大塚が担当させていただきました。彼はアメリカで10年以上の車の販売と買取の経験を持つエキスパートです。

画像で選んでご自宅へと納車(※1)

8月にヒューストン市内のご自宅にて納車をさせていただきました。

今回は新規の海外赴任でテキサスに渡米されており、すでに1台目はグランドチェロキーを購入されていました。今回のNXは家族用の2台目としてのご購入でした。

レクサスNX黒色限定で探されていて、新車も検討中でしたが、近所のレクサスの新車ディーラーには希望のものが在庫になく、それから初めてガリバーUSAのテキサス出張エリアに問い合わせいただき、24時間以内に候補に当てはまる2台をご提案させていただきました。

テキサス市内の車検工場から米国での慣れない運転をして持ち帰るのに不安を抱かれていたところ、今回は担当である私のスケジュール調整がうまくいき、直接ご自宅へと納車させていただきました。

テキサス出張エリアのブログに戻る

(※1 出張エリアへの納車サービスは営業担当が伺う場合と、委託業者が対応する場合とがございますのであらかじめご了承ください。)

テキサスの有料道路 専用PASS「 T-Tag 」の申請方法

2018 年 8 月 12 日  カテゴリー: テキサス出張エリア — 店長(ニューヨーク店) @ 9:22 PM

テキサス州のみなさまこんにちは。

ガリバーUSA テキサス州サービス担当の大塚洋一です。(弊社には大塚が二人いまして、もう一人はLAに大塚啓介という者がおります。)

今年2018年の3月から正式にテキサス州への販売・買取サービスを展開しており、私も今のところ月の半分はテキサス州に出張に来ております。

ダラスーヒューストン間を車で移動することが多いのですが、ダラスでは「T」と書かれたゲートを目にします。これは有料道路の入り口を示すものですが、テキサス州には何種類かのTOLL標識があります。

T-Tag / TxTag / EZ TAG /  T(◯の中にT)/ Harris County Toll / Sam Houston Tollway / North Texas Tollway などなど

テキサス州の有料道路は NTTA という Authority が管理しており、すべてのTAGに互換性があります。

しかし、東海岸で使用されている EZ-Pass や 主にシカゴ付近の中西部で使用されている i-Pass との互換性はありません。

 

私も最初はT-TagがなくてもCashで支払えば良いかなと思っていたのですが、場所によってはCashゲートがなく、

Tagが無いといけない場所があるということを知りませんでした。

Pay by Bill(後ほど請求書が送られてくる)という看板があるので、後でクレジットカードで支払えば良いかと思っていましたが、

わずか 50¢ や $1.50 の TOLL に対し、一件毎に手数料が $11.00 取られる請求書を見てビックリ!慌ててT-Tagを申請しました。

※ちなみに、この請求書は初回の請求分を期日以内にオンラインで支払うと、私のような「知らなかった」人たちを救済するため、初回の請求書分のみ手数料を$5.00にしてくれます。もし、請求書どおりの金額でチェックを郵送して支払ってしまうと、恐らく返金はされないでしょう。

 

こちらのブログでは T-Tag の申し込み方法をステップバイステップにてご案内します。

https://www.ntta.org/Pages/default.aspx

まずはこちらの Top Page から一番上のバナーにある Open an Account をクリック

次にこちらの画面の中央に何故か見つけ辛く表示されている OPEN A NEW ACCOUNT をクリック

BEGIN をクリック

約款をスクロールダウンしていき、

By Clicking this are agreeing to the terms listed above をクリック(クリックすると約款に同意したことになります。)

上記の要領で個人情報をセキュリティクエッションを設定し、Next をクリック

引き続き、住所や電話番号を 入力し、Next をクリック

支払いに使用するクレジットカード/デビットカード情報を入力し、Next をクリック

車両情報を入力し、Save を押すと画面最下部に登録された車両の情報が表示されます。(Personal Tag は最大2台まで登録できます。)

内容に問題がなければ Next をクリック

今までの入力情報を確認、問題がなければ Next をクリック

プリペイドの金額を設定します。(登録車両1台につき $20.00 が最低額)

2台の場合は $40.00 が最低額になります。 確認をして Next をクリック

支払い内容を確認して、Next をクリック

ようやく、アカウントの作成が完了です。

次は LOG IN をクリックして、作成したアカウントを見てみましょう。

アカウント作成、お疲れ様でした! あとは、一週間ほどで送られてくる T-Tag をフロントガラスに内側から貼り付ければ準備完了です。

 

おめでとうございます! これで TOLL を気にして回り道したり、TOLL の6〜20倍もする手数料に悩まされることも無いでしょう。

 

 

【記念撮影!!】ダラス フォートワース空港にてシエナ引き取り

2018 年 7 月 16 日  カテゴリー: テキサス出張エリア,ミシガン出張エリア — 店長(ニューヨーク店) @ 3:56 PM

テキサスにはガリバーのお店はありませんが、2018年5月からテキサス全域へ出張ベースで車の買取、販売とをさせていただいております。5月から告知をスタートさせていただき7月現在は、だんだんと利用していただくお客様も増えてまいりましたので活動をブログにてご紹介をさせていただきたいと思います。ガリバーではテキサス全域(ダラス・ヒューストン・オースティン・エルパソ)及び、ミシガン(ノバイ・アナーバー)エリアへの出張での車の販売と買取を強化しております。今回のテキサス出張はニューヨーク店の大塚が担当させていただきました。彼はアメリカで10年以上の車の販売と買取の経験を持つエキスパートです。

 

帰国ギリギリまで乗って空港で引き取り(※1)

7月15日、ダラスフォートワース空港(DFW)にて車の引き取り。朝8:30。ブログ掲載を快諾いただき家族と愛車とで記念撮影。

 

エピソード

ファーストコンタクト6月14日にご連絡をいただき、ニューヨーク店の大塚が対応させていただきました。お客様はテキサス州プレイノ市にご在住で日系企業にお勤めされており、今回は帰国が決まり同僚の方からの紹介を受けてガリバーにコンタクトいただきました。

 

メールにてやりとりを開始

査定の見積もりのやりとりはガリバーホームページからのオンライン問い合わせか電話での問い合わせが一般的ですが、それ以外にも携帯のテキストメッセージ(ラインなどでもOK)やE-mailでも対応できます。

現在、新サービスの「テキスト査定」を開始しております。なんと車の写真4枚で簡易見積もりが取れます。

 

買取金額の提示

当時、新車でこのトヨタシエナをご購入されていて、買取査定を5月末のタイミングで現地トヨタディーラーで完了されており、その時はあくまでもその場で売却した場合の金額のみ算出されていたようですが、ガリバーでは帰国日を基準として買取金額を算出させていただきました。

金額にご納得していただき、帰国最終日に空港にて引き取りのアポイントを作成させていただき、先日引き取りとなりました。代金は5営業日以内に銀行振込にて対応させていただきます。

 

担当よりお客様へのメッセージ

NYの大塚です。ビジネスのお話だけでなく、テキサスステーキとNYステーキの話やNYの観光地のお話などをさせていただき、大変興味深いお話ができて楽しかったです。日本での益々のご活躍を心よりお祈り申し当ております。

 

テキサス出張エリアのブログに戻る

 

(※1 出張エリアへの空港引き取りサービスは数に限りがございますのであらかじめご了承ください。)

【写真でわかる!】アメリカでのファミリーカー選び。SUV vs ミニバン編(保存版)


アメリカでは7月8月は駐在員のご家族が渡米される時期ですね。これは子供の学校などが理由であることが多いようです。アメリカでの家族用の車選びは慎重に。家族用の車はミニバンにするかSUVにするかで悩まれる方は多いと存じ上げますが、私自身が駐在10年目で3人の子供を米国で育ててきた経験+車の販売に携る者としての経験(毎年100台以上販売しております)から、今回はファミリーカーとミニバンのについて徹底的にわかりやすくお話ししてみたいと思います。

「スライドドア VS 通常のドア」

ミニバンのスライドドアは非常に便利です。スライドするため、狭い駐車場でもドアを全開で開けることができ、乗り降りする際にとても便利です。

車体も低いので、小さなお子様も簡単に乗り降りできます。幼児をチャイルドシートに乗せる際も作業がしやすくとても楽です。

 

下の写真は、SUVに限らず、通常のドアだと隣の車に角が当たってしまいます。実際、この写真はこれでも1/2ほどしか開いていませんが隣の車に触れています。SUVのドアは本来、ほぼ直角90度まで開きます。前かがみで滑り込む姿勢なのがわかります。

SUVのドアを全開にすると↓

さらに、安全面を考えるとこの状態で隣の車がバックしてきたら怖いですね。もしくは路駐していて、助手席側の後ろはまだ歩道側で安全ですが、運転席側の後ろとなると万が一ドアに車がぶつかってきたらとても危険です。

 

「SUV3列目シート VS ミニバン3列目シート」

①3列目の座席へのアクセスのしやすさ

↓SUVの3列シートだと2列目のシートを倒して3列目に乗り込むタイプが多い。

チャイルドシートを設置した場合、シートを倒すことができないためアクセスは反対側からとなる。仮にお子様が2人いらっしゃって2個シートをつける必要があるのであれば、3列目へのアクセスは絶望的となるためミニバンをオススメする。

↓ミニバンだと、真ん中を経由することもできるし、SUVのように座席を倒して乗り込むこともできる。

 

②「乗り込みやすさ」

↑「よいしょっと。」SUVは高くて狭い。

↓ミニバンは段差も低くて、入り口も広い。取っ手もある。

 

その他:「チャイルドシート」

チャイルドシート SUVだとリアフェイシングのチャイルドシートを後部座席に取り付けると、前の座席はここまで圧迫されてしまう。

実際に大人が乗り込んでみると膝が当たるか当たらないかというところ。SUVの構造的には十分な室内空間がないために後部座席のチャイルドシートは前の席まで影響してしまう。経験上、リアフェイシング(乳幼児向けの後ろ向きシート)の期間をすぎて、フロントフェイシングのタイプになればこの影響はなくなるので、一時的に我慢できればそれで良いというのが個人的な意見である。

 

「居住空間の広さ、天井の高さ」

ミニバンとSUVの構造上の違いは、SUVは車高が高いということです。車全体の大きさは同じくらいの大きさですが、SUVは車高が高い分、室内空間が狭いです。

↑背中が天井に当たる

↓余裕はある。

トヨタシエナ(ミニバン)の3列目に184cmの大人が座った状態。

 

「運転席からの視野の見え方」

SUVは車高が高くて運転しやすい。ミニバンも同様。

 

「クラッシュテスト」

アメリカではIIHS(Insurance Institute for Highway Safety)のサイトにてクラッシュテストの評価が確認できる。 傾向としてはSUVやMinivanはボンネットの部分が長い分、正面からの衝撃には強い結果となる。小型車ではやはり正面衝突の評価は低くなる傾向にある。 ただし、横からの衝突だったり、それ以外にもヘッドライトが照らせる範囲などの要素などは、大型車、小型車関係ないことは多い。例えば人気のトヨタだろうが、同一メーカー内でも車種によって評価はそれぞれであるため、一台一台の評価を確認することが重要となる。 誤解が多いと感じるのはヨーロッパ車(欧州車)は車体剛性が高く安心というイメージ(車が硬くて事故で凹まないイメージ)をお持ちの方が多い。これは過去に一部の車種では正しかったのかもしれませんが、本当に重要なのは柔軟性や、大破した際の破片がどの方向に分散するかなどの構造だったりします。

「メンテナンス」  

古めのミニバンの注意事項として、古いモデルのミニバンはタイミングベルトを採用していますので、中古車を購入される場合はタイミングベルト交換がされているかの確認が必要です。 交換にはそれなりの時間とお金が必要で、交換したかどうかは外部からは判断ができないので万が一でも劣化しているベルトのものを購入して、ベルトが切れたりすることがあれば大きな事故に繋がりかねません。

ベルトを使用する理由は大型車にみられる傾向です。しかし技術革新により比較的新しいタイプのミニバンはタイミングチェーンが採用されており、チェーンの耐久性がベルトよりも高いため普段は交換は必要ありません。

 

「維持費」

燃費はどちらも大きくは変わらない印象です。

トヨタシエナ

トヨタハイランダー

ホンダオデッセイ

ホンダパイロット

(City/Highway)

 

「ミニバン日米の違い」

日本のトヨタ アルファードやホンダ ステップワゴン、日産セレナのようなミニバンはアメリカにはございません。アメリカでは大きなミニバンが好まれており、正直なところアルファードは小さい印象を受けてしまい人気は出ないでしょう。米国にあるのは、トヨタ シエナとホンダ オデッセイの2車種。(唯一、日産がクエストという日本のエルグランドをベースとした車種を販売していましたが2016年に生産を終了。)どちらも、日本では販売されていないサイズの大型ミニバンとなります。(オデッセイは日本でも耳にする車種ですが、名前は一緒ですが日米で実際に販売されている車種は異なります。日本のオデッセイはステーションワゴンと言われる横長の車種、米国やカナダで販売されているオデッセイはワンボックスタイプです。)

 

「見た目」

「トヨタ シエナ」 ミニバン

「ホンダ オデッセイ」ミニバン

 

「トヨタ ハイランダー」 SUV

「ホンダ パイロット」 SUV

 

「セールスマンの豆知識」

数年単位の短期滞在の日本人の方に人気なのはやはり日本車です。とはいえ、米国で発売されている日本車の種類は日本に比べて10分の1以下です。さらに用途を限っていくと選べる車種は3ー4車種ほど。例えば、5人家族の方ですと理論上は5人乗りのクルマであれば全員が乗れるのですが、ゆったり使用するにはやはり3列シートは必須条件になってきます。3列シートで思いつくのは「スライドシート」ということですが、米国では日本に比べて駐車場が広いので、普通のドアでも隣のクルマを気にせず乗り込めるます。それよりも重要なのが3列目へのアクセスと3列目の乗り心地!3列シートSUVではウォークスルーで3列シートに乗り込めないほか、地上校が高いので小さいお子様が自分で乗り込むことができないという不便もあります。また、SUVの3列目シートはあくまで補助席という扱いなので、日常使いを想定した乗り心地になっていません。 そこへきてワンボックスカーであれば3列目へのアクセスも楽チンですし、3列目シートの乗り心地も問題なし。さらに電動スライドシートなので、お子様も一人で乗り降りできます。3列目を出してもトランクスペースが十分に確保できるので5人がゆったり乗りながら沢山の荷物を乗せて動くことができます。旅行用のトランクが4つ乗せられるスペースはモビリティハウスの様相です。さらに、米異国では8歳まではチャイルドシートの装着は義務ですし、助手席へは11際以下は搭乗できません。となると、3つのチャイルドシートを後部席に装着せざるを得ないのですが、2列目に3つのチャールドシートを装着することは困難ですし、もしSUVの場合は2列目シートを前方にスライドさせるために毎回チャイルドシートを取り外ししないといけません。これは現実的ではありませんね。総括すると、5人家族の方はワンボックスカーがオススメです。その中でもトヨタ シエナ! よくホンダのオデッセイと比較されますが、3台目からのトヨタは必要装備はふんだんに盛り込みつつ、不要な装備は省いてコストカットを徹底、このバランスが優れているシエナはリセールバリューも最高で、コスパ最強のワンボックスカーと言えます。

 

「結論」

ファミリーカーとしては圧倒的にミニバンが優秀。利便性も安全性も申し分がない。

SUVは運転手が楽しい、舗装されていない道でも走行できるためアウトドアなどの趣味に強い、雪道で四輪駆動が安心など、また別の目的を持った車種であると分かる。

ちなみに、ミニバンにも雪に強い四輪駆動という設定がある。シカゴとニューヨークは AWD(All Wheel Drive) シエナ の価値が高い。オデッセイは AWD の設定がありません。

 

ガリバーUSAでミニバンを探してみる   

さらにミニバンの質問をしてみる

(注記:今回の記事はあくまでも個人の経験を元に記述されています。少しでも参考になればという思いからできる限り正確な情報を記載しているつもりですが、各方面より意見が別れる部分も多いのが実情ですので、必ずしも内容を保証するものではありませんので自己判断でお願い致します。)

 

テキサス州でもガリバーUSAをご利用ください

2018 年 6 月 22 日  カテゴリー: テキサス出張エリア — 店長(ニューヨーク店) @ 1:31 PM

テキサス州の皆様、お待たせ致しました!

日本でおなじみクルマのガリバーがテキサス州でもサービスを開始致しました。

店舗はございませんが、固定費を抑えた新しいマーケティングで利益をお客様へ還元致します!

納車後のメンテナンスも現地で提携している日本人整備士さんが日本語で対応できますので、ご購入後もご安心いただけます。

全米のガリバーのネットワーク(店舗およびマーケット)より送料無料で新鮮で安心なお車をお届け致します!

渡米したその日からご自身のおクルマにお乗りいただけるサービス米国クレジットヒストリーが無くても低金利でオートローンをご利用いただけるサービスは全米でガリバーだけ!

 

 

テキサス州・ミシガン州でのクルマの購入・売却【ガリバーUSA】

2018 年 5 月 9 日  カテゴリー: テキサス出張エリア,ミシガン出張エリア — Torrance @ 11:07 PM

こちらはテキサス出張エリアのブログとなります。

T.K様 ガリバーUSA オンライン購入サービスご利用 (車の販売)

アメリカでの初めての中古車購入となりましたが、大塚様をはじめ多大なサポートをいただき、本当に助かりました。
また、ヒューストンという御社の支店のない場所までご対応頂き、お手数をおかけして申し訳ございませんでしたが、重ねて感謝申し上げます。

 

今回は、この春から新しくテキサス州ヒューストンに赴任され、オンライン上でガリバートーランス店(南カリフォルニア)のお車をご購入いただいたお客様からの声を頂戴いたしました。販売の担当はNY店在籍でテキサス出張担当の大塚洋一(ニックネーム:オスカー)がさせていただきました。ガリバーは全米5拠点で臨機応変に対応させていただいております。

ガリバーUSAでは4月・5月は日本への帰国やアメリカへの新規赴任で車の売却と購入とでたくさんのお客様に利用していただいております。今月よりカリフォルニア州のアーバインエリアにIrvine/Orange County(アーバイン/オレンジカウンティ)店も無事オープンし、これで全米で5店舗となりました。

さて、本年度よりガリバーUSAではオンラインサービスを展開しており、現在支店がある南北カリフォルニア、シカゴエリア、ニューヨークエリアだけでなく、テキサス州やミシガン州も新しくご対応エリアとして、お車のご購入やご売却についてのご相談を受付させていただいております。当店ホームページ上で全米の在庫をお選びいただけるほか、無料査定の受付も行っております。

詳しくはこちらをご覧ください。
ガリバーUSA対応エリア一覧
テキサス出張エリアご紹介
ミシガン出張エリアご紹介

ガリバーUSAの中古車リスト
クルマの無料査定依頼はこちら

 ---------------
ガリバーUSAへ車の購入、売却にてご来店、及び出張査定数を依頼されたお客様 からたくさんアンケートを頂いております。今回は数あるアンケートの中から、紹介できるアンケートが一部となってしまいましたが、ガリバーUSA本部では、会社の宣伝広告と捉えられかねない良いものばかりを掲載せず、できるだけ利用者様のお気持ちが強いものを本部で選んで掲載させていただいております。もちろん、いただいたアンケートは差別なく全てありがたく確認させていただいております。

▼ 過去のお客様の声リスト

ガリバーUSA お客様の声1 ガリバーUSA お客様の声2 ガリバーUSA お客様の声3 ガリバーUSA お客様の声4 ガリバーUSA お客様の声5 ガリバーUSA お客様の声6 ガリバーUSA お客様の声7 ガリバーUSA お客様の声8 ガリバーUSA お客様の声9 ガリバーUSA お客様の声10 ガリバーUSA お客様の声11 ガリバーUSA お客様の声12 ガリバーUSA お客様の声13 ガリバーUSA お客様の声14 ガリバーUSA お客様の声15 ガリバーUSA お客様の声16 ガリバーUSA お客様の声17 ガリバーUSA お客様の声18 ガリバーUSA お客様の声19 ガリバーUSA お客様の声20 ガリバーUSAお客様の声21 ガリバーUSAお客様の声22 ガリバーUSAお客様の声23 ガリバーUSAお客様の声24 ガリバーUSAお客様の声25 ガリバーUSAお客様の声26 ガリバーUSAお客様の声27 ガリバーUSAお客様の声28 ガリバーUSAお客様の声29 ガリバーUSAお客様の声30 ガリバーUSAお客様の声31 ガリバーUSAお客様の声32 ガリバーUSAお客様の声33 ガリバーUSAお客様の声34 ガリバーUSAお客様の声35 ガリバーUSAお客様の声36 ガリバーUSAお客様の声37 ガリバーUSAお客様の声38

テキスト査定サービスを開始いたしました!(TX,MIエリア限定)

2018 年 5 月 1 日  カテゴリー: テキサス出張エリア,ミシガン出張エリア — Torrance @ 11:28 AM

気軽に、安心して、納得してを目指して。24時間受付可能!

【やりとりのイメージ】

 

STEP 1

スマートフォンで以下の4枚の写真を撮影する。

①全体写真 前

②全体写真 後ろ

③メーターパネル

④VINステッカー

VINステッカーの場所はこちら

STEP 2

お客様のスマートフォンからメッセージアプリを使用して1-914-320-8039(担当:大塚洋一)へ写真を送ると、お車の概算の査定金額をお伝えします。(返信には最長24時間かかる場合がございます)

TEXT査定では、実際の車両の確認を行なわない為、幅のある金額を概算にて提示させていただきます。提示金額がご希望の範囲内でしたら、さらに金額の幅を狭めるために追加のご質問をさせていただくことがございます。年式、車種、時期などに応じて一台いちだいの質問項目も変わってまいります。最終的に、十分に明確になった条件にてご納得頂ければ、実際の無料出張査定をお申込み頂けます。

また、このタイミングで売却時に必要な書類の確認もさせていただく場合がございます。

STEP 3

弊社担当が現地へ伺い、最終の車両確認をしてから売却手続きをさせていただきます。

ミシガン、テキサス州への出張査定はもちろん無料です。事前にTEXT査定を実施しておりますので、当日の検査に要する時間は短縮され通常よりも早く手続きが完了します。もちろん、万が一、条件と異なる場合には売却されなくてもお客様には一切手数料はかかりませんのでご安心ください。

売却のお手続きは全て弊社が行います。代金のお支払いは、銀行振込となり日本、米国のいずれかの口座へと円建て、ドル建からお選びいただけます。

皆様のご利用心よりお待ち申し上げております。

(注意事項:こちらはミシガン、テキサス州にお住まいのお客様のみの新サービスとなります。ガリバー店舗のあるエリアのお客様はご来店での査定もしくは、出張査定をご利用ください)

>>ガリバーホームページトップ